整体と整形外科の違いは? それぞれの特徴と利用する際の注意点

整体と整形外科の違いは? それぞれの特徴と利用する際の注意点

整体や整形外科は、対応する部位が重なるところがあり、整体と整形外科の違いについて詳しく説明ができない人も多いと思います。そこで今回は整体と整形外科のそれぞれの特徴と利用する際の注意点について解説します。

 

1.整体は民間資格

 

整体は技術を持った民間資格の人が経営しています。民間資格では健康保険は使用できないという特徴がありますが、店舗も多く気軽に利用できることから利用している人も多いかもしれません。整体を利用することで、骨盤や背骨を整えて骨のズレを解消することができます。具体的には整体では、冷罨法(れいあんぽう)や温罨法(おんあんぽう)という湿布や湯たんぽなどで冷やしたり温めたりする処置や、マッサージなどの施術が一般的です。整体でも運動に関する部位を施術ができます。待ち時間も少なく、予約しておくと待たずに施術を行うことができます。

 

2.整形外科は保険が適応される医師による治療

 

整形外科は整体とは異なり、医師による診療が行われています。診察による理学所見とレントゲンやMRIなどを使って検査し診断します。症状や病態にあわせて投薬、注射、手術、リハビリテーションといった治療をし、健康保険が適応されます。骨や関節、筋肉から手足の神経、脊髄など整形外科医の治療は幅広く対応できるのです。変形性関節症や五十肩のような慢性疾患も整形外科での治療の範疇になります。

 

また、寝返る、起き上がる、立ち上がる、歩くなどの日常生活を行う上で基本となる動作の専門家として理学療法士と呼ばれる人たちもいます。理学療法士は国家資格であり、病院やクリニック、介護関連施設などで勤務しています。

 

理学療法士とは、ケガや病気などで身体に障害のある人たちに対して、基本動作能力(座る、立つ、歩くなど)の回復や維持、および障害の悪化の予防をし、運動療法や物理療法(温熱、電気等の物理的手段を治療目的に利用するもの)などを用いて、自立した生活が送れるようにする、医学的リハビリテーションの専門職です。

 

3.それぞれのデメリットを理解すること

 

整体と整形外科では違いが多くありますが、利用する際にはデメリットを理解しておくべきだと言えます。

 

3-1.痛み止めや薬の処方できない整体院

整体のデメリットとしては、症状や幹部の状態から予測をして治療を行いますので、薬を処方することができません。整体院によっても考え方や理論は千差万別で特徴が異なりますので、自分に合う整体院を探すのも時間がかかります。

 

3-2.待ち時間が長くリハビリ時間が限られている整形外科

整形外科のデメリットとしては混んでいる場合が多く待ち時間が長い特徴があります。リハビリの時間もありますので、満足のいく治療を受けられない可能性もあります。薬を処方してくれる整形外科ですが、薬や注射を行うと自分自身で治す力が弱くなってしまうでしょう。

 

4.まとめ

 

整体と整形外科の違いはいくつもあります。保険が適応される整形外科では治療ができますが混雑しており満足のいく治療が受けられない可能性もあります。その点整体は、保険が適応されませんが予約をしておけばスムーズに施術を受けることができるのです。整形外科や整体を利用する際には、デメリットもしっかりと理解しておく必要があるでしょう。

 

「KCSセンター尾張/江南」では、一人ひとりに合わせた施術を提供しています。問診を施術前にしっかりと行い、施術方法についてもきちんと説明させていただきますのでお客様には安心して身をゆだねていただいております。どうぞお気軽にご院ください。

KCSセンター尾張/江南

KCSセンター尾張/江南では、猫背の改善や姿勢矯正を始め、慢性疲労の解消や肩こりの改善など、身体に関するお悩みに幅広く対応します。尾張市、江南市で身体の不調を解消したい方・美しい姿勢を手に入れたい方はお気軽にご来院ください。

メールで問い合わせ